スウィッシュパターン(Swish Pattern)

  • スウィッシュパターン(Swish Pattern) はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

【NLP用語集】スウィッシュパターン

自分の手に負えない状況や、
解消したいと思っているような衝動等を辞めたいときに
使用すると効果的な手法です。

解消したいイメージのサブモダリティを
変化(位置・大きさ・明るさ等様々)させて、
さらにリソースフルな状態に置き換えます。

サブモダリティを変える際、
「スウィッシュ」(日本語ではシュ!という掛け声)
に合わせて行うことから、
スウィッシュパターンという名前となりました。

(このスウィッシュという掛け声には、
 視覚的なサブモダリティを変化させることを
 「聴覚」刺激も用いて行う意味があります。)

<スウィッシュパターン(1)のやり方>

1.自分が解消したいと思っているような「衝動」や
  変えたい自分の「部分」を選び、正面へ
  大きめの球を思い浮かべ、その球の中へその「衝動」を入れる。

2.その球にキレイな色をつけて美しい球にする。

3.次に、左手へ、望ましい状態あるいは
  自分のパワフルになれる良い面などをイメージし、
  そのパワーを小さな黒い球(パワフルボール)をイメージし入れ込む。

例)今までに感謝されたり、ありがとうと言われたこと
   今までに「やった~」と思った瞬間
   今までに、感動したこと、胸が熱くなったこと

4.パワフルボールを手で握り、正面の美しい大きい球へめがけて、
  「1、2、3、スイッシュ!!」と大きな声を出しながら投げつける。
  これを4、5回繰り返す。

5.もし美しい球が変化していなければ、
  どうしたらより効果が現れるパワフルボールに
  なれるか、工夫してみて、アイデアを求めフィードバックしていく。

6.再度、トライする。

7.未来ペーシングを行う。

<スウィッシュパターン(2)のやり方>
1.変化させたい特定の行動や反応、
  あるいはもっとリソースフルな状態になりたい状況を一つ選ぶ
  ※「食べ過ぎ」「ある特定の人との関わり」など繰り返される反応

2.その行動や反応、状況が始まる目印になる
  視覚的なイメージを明らかにする
  ファーストシーンをアソシエイトの状態で見る
  ※「誰かの顔」「ある情景の中の何か」など

3.ブレイクステイト

4.その問題を解決した、望ましい状態/極めて良い状態の
  自分の姿をデソシエイトの状態で見る。
  その自分のイメージから感じられる
  「リソースフルな感じ」を「十分に」感じる

5.ブレイクステイト

6.目の前に、変化させたい行動の
  ファーストシーン(目印となる視覚的なイメージ)を大きく明るく描く。
  同時にこのイメージの片隅の遠くの場所に望ましい状態の自分の
  イメージを小さな画像にして置いておく

7.「シュ!」とか「ドヒュン!」などの音を実際に声に出しながら、
  大きく明るいイメージを「一気に」小さく遠くに追いやる
  それと同時に、望ましい自分のイメージを目の前に大きく明るく描く

8.1回ごとに実際に何か他の視覚物を見てから、6・7の作業を5回繰り返す
  可能であれば、繰り返すたびに変化の速度をより早く行ってみる

9.ブレイクステイト&未来ペーシング
  変化させたい行動のファーストシーン(目印となる視覚的なイメージ)
  を思い浮かべて、どのような変化があるかを確認する

※必要に応じて、スウィッシュの作業を何回か繰り返す
※相手のペースを大切にすることに注意する

(関連語句:サブモダリティアソシエイトデソシエイト

  • 2016 10.16
  • スウィッシュパターン(Swish Pattern) はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pose_anshin_man1
  2. %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0
  3. %e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%af
  4. %e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ae%e4%ba%94%e6%ae%b5%e9%9a%8e

    2016 10.16

    学習の5段階

コメントは利用できません。