アイ・アクセシング・キュー(Eye Accessing Ques)

  • アイ・アクセシング・キュー(Eye Accessing Ques) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

%e5%9b%b31

【NLP用語集】アイ・アクセシング・キュー

視線の動きから視覚・聴覚・身体感覚のどの感覚を使用して、
情報処理をしているかを分析する方法。

視線を注意深く観察することにより、
過去の情報をどのような方法で記憶しているか
を見分ける手掛かりにもなる。

したがって、相手とどのようにコミュニケーションをとればよいかのヒントになる。
ただし、統計的な分類としての動きの傾向はあるが、
人によって動きが逆転するケース等あり、
必ずしも全員が全員同じ動きをするとは限らない。

なお、多くの人は、左から右に時間軸を作る(左;過去→右;未来)ので
過去未来が上記の位置に、視覚は脳内でイメージを結ぶため上部に目線が行き、
音は耳から入るので、左右に傾け、身体感覚は体の方(下)を向く。
一方、内部対話は自身との対話であるため、自身の心臓側をイメージして対話する傾向がある。

(関連語句:キャリブレーション

  • 2016 10.16
  • アイ・アクセシング・キュー(Eye Accessing Ques) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0
  2. %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc
  3. %e5%82%ac%e7%9c%a0%e7%99%82%e6%b3%95
コメントは利用できません。