ダブルインダクション(Double Induction)

  • ダブルインダクション(Double Induction) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

【NLP用語集】ダブルインダクション

右脳と左脳を混乱させて、
無意識を活性化させる方法(コンフューズ・メソッド)の一つ。

深いトランス状態へ導き、変性意識への移行を進ませる為、
無意識レベルへのアクセスが可能になります。

具体的には、ガイド役2名がクライアントの左右に位置し、
クライアントに対して、
左右から同時に異なるストーリーを話しかけます。

この時、催眠誘導を効果的に行うよう、
ミルトンモデルに沿った話し方をします。
このことで、クライアントは深いトランス状態に入りやすくなっていく。

ダブルインダクションの効果的なワークでは、
無意識に受け取って欲しい情報を選択的に受け取れるよう、
予め受け取って欲しい情報を決定
(例えば、クライアントが言われたい言葉を3つ出す等)します。

そしてその情報を、ワークの際、
ストーリーから独立して聞こえるように、
アナログマーキング(強調してペースを変える)して、
ガイドの2人がストーリーに挟んで伝えるのです。

このことで、クライアントは必要なメッセージを
無意識の深い部分に刻むことができます。
ダブルインダクションは、
聴くだけで高い学習効果を発揮するような、
スーパーラーニングの手法として活用することもできます。

(関連語句:アナログマーキングトランス

 

  • 2016 10.16
  • ダブルインダクション(Double Induction) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%bd%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88
  2. %e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%98%e3%83%93%e3%82%a2
  3. %e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab_%e3%83%93%e3%83%98%e3%83%93%e3%82%a2
コメントは利用できません。