チェーン・アンカー(Chaning Anchors)

  • チェーン・アンカー(Chaning Anchors) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc

【NLP用語集】チェーン・アンカー

アンカーを複数つないでいく事で、
望ましい状態を自動的に起こす手法です。

望ましい状態と現状との差が大きく、
変化にステップを踏んだ方が良い時に有効です。

例えば、人前で話す前の「緊張状態」は
そのまま「自信満々の状態」になるには、
状態の格差が大きいものです。

その場合に「緊張状態」と「自信満々の状態」の間に、
「リラックス状態」「精神集中状態」といった状態を入れて、
ステップを踏んで望ましい状態に変化させます。

アンカーをスムーズにつなげると、
「緊張」→「リラックス」→「精神集中」→「自信満々」と
一連の連結として状態変化が起きます。

結果、「緊張状態」→「自信満々の状態」と
自動反応的に望ましい状態が連結されます。

具体的には、上記の例だと、
まず「リラックス」の状態を腕などにアンカーします。

次に、同じように「精神集中」の状態を
腕の別の部分にアンカーします。
そして、「自信満々」の状態を
更に腕の別の部分にアンカーします。

(それぞれのアンカーはスピーディに
 次々と発火させるので、
 例えば、数センチ間隔で1列に各アンカーを配置するなど、
 腕の中でもスムーズに発火させやすい部分が良い。)

それぞれのアンカーを発火する準備が出来たら、
すべての状態の起点となる、「緊張状態」を体験し、
その状態が頂点に成ったら、
「リラックス」のアンカー、
「精神集中」のアンカー、
「自信満々」のアンカー、
と順番に発火させていきます。

この際それぞれの状態の頂点(最も状態が高まる)を
体験することがポイントです。

このことを何度か繰り返すと、
「緊張」→「リラックス」→「精神集中」→「自信満々」
という一連の自動変化するアンカーを手に入れることができます。

(関連語句:アンカーアンカリング

  • 2016 10.16
  • チェーン・アンカー(Chaning Anchors) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc
  2. %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3
  3. %e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ae%e4%ba%94%e6%ae%b5%e9%9a%8e

    2016 10.16

    学習の5段階

  4. %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0
コメントは利用できません。