地図(NLPの前提:地図は領土(土地)ではない)

  • 地図(NLPの前提:地図は領土(土地)ではない) はコメントを受け付けていません

この記事は1分で読めます

【NLP用語集】地図(NLPの前提:地図は領土(土地)ではない)

NLPの前提の一つに
「地図は領土ではない」という考え方があります。

私たちは目前の情報を記憶するのに、
様々な情報を取り入れますが、
必ずしもすべての情報を取り入れられるわけではありません。

視覚や聴覚で人間が感知できる周波数には限界があり、
また五感で感知できる情報でさえ、
人は一部を削除して取り入れています。

(例えば、同じバナナという果物を連想しても、
 人によってその形や色、大きさ等は異なります。
 更に抽象度の高い概念で、
 リーダーシップということの意味や世界観は
 人によって大きく異なるでしょう)

したがって、
外的な無限な情報を持つリアルの世界(領土や土地)と
人が認知して記憶している内的な世界
(モデルとなる世界、すなわち地図)は

決して等しくないということを、
NLPのコミュニケーションをはじめとした
ノウハウ・考え方の前提としています。

この地図というのは、
いわゆるその人のモデル化された世界(脳内マップ)
のメタファーとなります。

(関連語句:NLPの前提

  • 2016 10.16
  • 地図(NLPの前提:地図は領土(土地)ではない) はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e5%82%ac%e7%9c%a0%e7%99%82%e6%b3%95
  2. %e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab_%e3%83%93%e3%83%98%e3%83%93%e3%82%a2
  3. %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%88
コメントは利用できません。