サークル・オブ・エクセレンス(Circle Of Excellence)

  • サークル・オブ・エクセレンス(Circle Of Excellence) はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9

【NLP用語集】サークル・オブ・エクセレンス

人が望ましいパフォーマンスを発揮する状態をアンカリングし、
必要なときにそれを再現する手法です。

色彩と空間をアンカーに用いて内的状態を変えることにより、
いつでも自分自身をエクセレントな状態にすることができます。

<サークル・オブ・エクセレンスのやり方>

1.望ましい状態を特定する 
  ・エクセレント(極めて良い)な状態にいた時の自分を思い出す
  ・自分がベストなリソースを持っていたときの状態を思い出す
  例「とてもリラックスしていた時」「成功を勝ち取っていた時」「楽しさに満たされていた時」etc
  「過去の“上手くいっている状態”を思い出して下さい」

2.目の前の地面に輪(サークル)をイメージする 
  ・「1.」の状態でいる自分から見て、その輪に色をつけるなら何色かイメージしてみる
   (大きさ・質感などをイメージする)
   「目の前にサークルをイメージして下さい」    「そしてサークルに好きな色をつけて下さい」

3.「1.」の「エクセレントな状態」にいた時の自分をさらにはっきりと思い出す
  その状態に入り始めたら、一歩踏み出して輪の中に入る
  ・輪の中で自分の中で起こってくる感覚をよく味わい、最高の状態を生き生きと再体験する
  「エクセレントサークルの中に入りましょう」 「そこでの感じを十分味わって下さい」

4.ブレークステート  「いったんサークルから出ましょう」
  ・「3.」の状態を十分体験したら、輪の外に出て別のことをしたり考えたりする

  ※必要に応じて数回、1.~4.を繰り返してアンカーを強める
  「エクセレントサークルをもう一度イメージして、その中に入ります」 

※ブレークステートは、深呼吸や体を動かして、状態をリセットすることです。

5.必要な場面・状況でイメージする
 ・将来この「エクセレントな状態」を使いたいと思う
  場面・状況を考え、まさにその最初の場面をイメージする。
  何を見るか、何を聞くか、何を感じるかを意識する

 ・そして、その場面がはっきりとイメージされるないなや、
  再び一歩踏み出して輪の中に入り「エクセレントな状態」を
  体験しているのをイメージする
  
 ・どんな場面なのか、誰が一緒にいるのか、
  何をしているのか、どんな音や声が聞こえているのかイメージを膨らませる
 
6.一歩後退して輪の中から外に出る
    「その状態を十分に味わったらサークルから出ましょう」
    ~ブレイクステート~

7.未来ペーシング
 ・将来の場面・状況のことを考えた時に
  自然に「エクセレントな状態」が再現されるのを体験する

(関連語句:アンカリング

  • 2016 10.16
  • サークル・オブ・エクセレンス(Circle Of Excellence) はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%82%b5%e3%83%96%e3%83%a2%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3
  2. %e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%bd%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88
  3. %e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%88
  4. pose_anshin_man1
コメントは利用できません。