タグ:ラポール

  1. %e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af

    【NLP用語集】バックトラッキング会話等において相手の話したキーワードを用いて、オウム返しにそのまま繰り返して伝えることです。ペーシングの一種であり、ラポール構築に効果的です。注意点は相手の言葉を言い換えないことです。一般的に同じ意味の言葉…

  2. 【NLP用語集】ペーシング相手と合せることにより、素早く信頼関係(ラポール)を築く手法で、コミュニケーションを上手に行う人が、意識的にも無意識にも良く使用しています。外観的なペーシングは、相手の行動をミラーリングしたりマッチングし、姿勢や行…

  3. 【NLP用語集】マッチング信頼関係(ラポール)を強化する目的で相手の行動(振る舞いや話し方)の一部を取りいれることです。マッチングは相手の物まねをすることではなく行動パターンを取り入れる事です。腕の動きを小さな手の動きで、体の動きを頭尚動き…

  4. 【NLP用語集】ミスマッチング会議や会話を中断したり終わらせたりする目的でラポールを切ることです。いつでもラポールを構築することが、良いわけではありません。話を切り上げたり、自ら望ましくない関係から解放されるために、意図的に相手と行動の違っ…

  5. 【NLP用語集】優位感覚/優先的代表システム個人が意識して考えたり、経験を組織化するのに、主として用いる代表システムのことです。経験を処理し、組織化する時に、五感の中の一つの感覚が支配的(優位)であることを指します。例えば、視覚優位であれば…

  6. 【NLP用語集】ラポールコミュニケーションにおいて協力や調和、信頼関係を築き上げることです。ラポールが構築されている状態は、「心のかけ橋」が架かっている状態ともいいます。NLPのコミュニケーションにおける、大前提となる要素であり、このラポー…

RETURN TOP