優位感覚/優先的代表システム(Preferred System)

  • 優位感覚/優先的代表システム(Preferred System) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

【NLP用語集】優位感覚/優先的代表システム

個人が意識して考えたり、経験を組織化するのに、
主として用いる代表システムのことです。

経験を処理し、組織化する時に、
五感の中の一つの感覚が支配的(優位)であることを指します。

例えば、視覚優位であれば、
普段から優先的に視覚による情報の整理や、
経験の再現、再構築等を行っていることとなります。

視覚優位、聴覚優位、身体感覚優位に分かれます。
個人の個性や学習能力にも密接に関係します。
また、自分次視野相手の使い慣れている優位感覚を知ることにより、
ラポールを効果的に作ることができます。

(関連語句:代表システムラポール

  • 2016 10.16
  • 優位感覚/優先的代表システム(Preferred System) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. gatag-000093431
  2. %e5%82%ac%e7%9c%a0%e7%99%82%e6%b3%95
  3. %e6%bd%9c%e5%9c%a8%e6%84%8f%e8%ad%98
  4. %e3%82%b2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%88
コメントは利用できません。