メタ・モデル(Meta Model)

  • メタ・モデル(Meta Model) はコメントを受け付けていません

この記事は1分で読めます

【お知らせ:現在開催中講座】
▶︎日本で唯一の《NLPコーチング体験講座》自宅でオンライン参加できます

【NLP用語集】メタ・モデル

言語化の際の3つの作業(無意識の3つの作業)である、
言葉の削除・歪曲・一般化を解きほぐし、
言葉から抜け落ちた情報を元に戻すための一連の質問の型です。

言語の深層構造にある情報を集めるための
一連の言葉使いを指します。

その人にとって問題をつくったり曖昧だったりする
言語パターンの分類を認識した、
NLP開発者のジョン・グリンダーと
リチャード・バンドラーによってつくられました。

NLPで一番最初のモデルです。
その分類は、一般化、省略、歪曲に分けられます。

メタ・モデルは深層構造や元の意味を不明確にする
一般的な歪曲や省略や一般化と変性文法に基づいています。

メタ・モデルは深層構造を明らかにする質問を持っていて、
その問いかけはメッセージの本来の意味を回復します。

その効果は、経験と言語を再び結びつけて、
情報収集に使えて、意味を明確にして、制限を見分けて、
選択を広げることができます。

\現在開催中のオンライン体験講座/
nlp-trial
  • 2016 10.16
  • メタ・モデル(Meta Model) はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3
  2. %e3%82%b5%e3%83%96%e3%83%a2%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3
コメントは利用できません。