フレーム(frame)

  • フレーム(frame) はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0

【NLP用語集】フレーム

人は出来事をある「フレーム」
つまり枠組みに焦点を当ててみています。
同じ出来事や同じコミュニケーションであったとしても、
人によって受け止め方や解釈の枠組みは違います。

 

例えば、「雨が降っている」という出来事を、
窓から暗い雲と雨の降る様子を見たり、
雨音を効いたりして、そのことに気付いた時、
「憂鬱な気分」になるというケースがあります。

このことは、無意識に「外に出れない」とか
「じとじとする」とか
或いは「雨の日の通勤の不自由感」という
枠組み(意味づけ)で「憂鬱」という感情の状態を起こしています。

一方で枠組み(意味づけ)によっては、
その引き起こされる感情も変わります。
農家の人であれば「恵みの雨」だし、
乾燥肌の人にとっては「潤いの雨」となるでしょう。

 

つまり、起こっている現象や物事自体に、
決められた意味がついているわけではなく、
私たちが意味を付けているのです。

その意味づけをしているものの見方を、
「フレーム」と呼びます。

このことは、
人の在り方やコミュニケーションにおいても
有効なメカニズムであり、

意図的にフレームを変えること(及びそのスキル)、
或いはフレームが変わった状態を「リフレーミング」と呼びます。

(関連語句:リフレーミング

  • 2016 10.16
  • フレーム(frame) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e5%82%ac%e7%9c%a0%e7%99%82%e6%b3%95
  2. %e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%ae%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81
コメントは利用できません。