多様性あるチームにおける自己理解と他者理解

多様性あるチームにおける自己理解と他者理解

~価値観が異なるメンバー間のコミュニケーション改善スキル~

対象者

・新入社員から管理職・リーダーまで幅広い階層に対しカスタマイズ可能

特長

・実践心理学NLPによるコミュニケーション向上スキルを習得できる
・自己理解と他者理解のための【コミュニケーション特性検査】を事前受検。
(当日は、検査結果報告書のフィードバックあり)
・自分のコミュニケーションの強みと弱みを知り、仕事や日常に活かせる

半日研修プログラム概要(例)

テーマ 内 容 時間(目安)
1.イントロダクション ◆研修の目的と全体像の提示
◆講師・参加者自己紹介
◆課題意識の共有
13:00
2.信頼と共感を呼ぶ
チームのコミュニケーション
◆効果的なコミュニケーションのポイント
◆信頼関係構築スキルの実践演習
◆傾聴・共感のポイント
3.多様性あるチーム
メンバーとの自己理解・
他者理解
【コミュニケーション特性検査 結果報告書フィードバック】
◆言葉の特徴から分かる行動特性パターンとは
◆チーム・ビルディングを促進する自己理解と他者理解
◆チームのコミュニケーションを円滑にする「特徴的言語」の活用
4.クロージング ◆質疑応答とフィードバック
◆振り返りとまとめ
~現場で実践していくために~
17:00

【コミュニケーション特性検査】 で測定していること

本検査は、仕事で求められるコミュニケーション特性を客観的に測定しています。実践心理学
NLPの言語パターンに基づき、各人の特性を ≪個人行動≫≪組織行動≫ の観点から
把握しています。

本検査は、個人のコミュニケーション特性の傾向を、仕事の場面において測定するものであり、本人の全般的な性格や能力を測定するものではありません。従って、数値レベルについては、「高いから良い」とか「低いから悪い」ということはありません。

人は使用する言葉を無意識に選択しています。本検査は、その言語パターンからコミュニケーション特性を分析しています。検査結果に基づきコミュニケーションを改善するための具体的な気づきを得て、NLPに基づくコミュニケーション手法を通じて実践できるのが特長です。

米国イェール大学心理学部教授のロバート・J・スタンバーグ博士によると、このような分析・創造・実践的能力を働かせ、個人や仕事上の目標を達成する能力のことを、「成功知性」(Successful Intelligence)と呼びます。

自分の強みと弱みを把握(自己理解)し、他者とのコミュニケーションに関しても、様々な観点から柔軟に解釈(他者理解)し、効果的な対応を選択できることが、成功知性を発揮する重要な要素となります。

本検査に基づくフィードバックは、自己理解と他者理解を図り、コミュニケーション改善を図るための具体的かつ実践的な指針となるでしょう。

【コミュニケーション特性検査】 アウトプットイメージ

【コミュニケーション特性検査】 アウトプットイメージ

その他、下記の研修も実施しております。
具体的なプログラム内容等については、お問い合せください。

  • ・マネジメント&リーダーシップ強化研修
  • ・新規事業プロデューサー育成研修
  • ・プレゼンテーション研修
  • ・ソリューション・フォーカス(問題解決)研修
  • ・EQ(心の知能指数)研修
  • ・メンタルヘルス研修
  • ・NLPコーチング
  • ・チームビルディング
  • ・ロジカルシンキング
  • ・ファシリテーション研修
  • ・グローバル人材育成(英語・中国語)
  • ・プロジェクトマネジメント実践
  • ・経営戦略、問題解決コンサルティング
  • ・トップマネジメント研修 etc.

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

  • 03-6420-0285
  • お問い合わせフォームへ

  • NLPマナビスト成長の軸後